文字サイズ

リスクマネジメントニュース
高齢者の熱中症はどのようにして起こるのか

環境省から「熱中症環境保健マニュアル」が配布されています。「熱中症がどのようにして起こるのか」「どういうときに熱中症を疑うか」「何をするべきか」など予防策を含めて記載されています。

熱中症環境保健マニュアル

以下抜粋

熱中症とは、高温環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体内の調整機能が破綻するなどして、発症する障害の総称です。

○死に至る可能性のある病態です。
○予防法を知っていれば防ぐことができます。
○応急処置を知っていれば救命できます。

熱中症を疑う症状・・・・

○めまい・失神
○筋肉痛・筋肉の硬直
○大量の発汗
○頭痛。気分の不快・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感
○意識障害・痙攣・手足の運動障害
○高体温

 高齢者では皮膚の温度感受性が鈍くなり、熱さを自覚しにくくなるので、この行動性の体温調節(衣服の調節や冷房の利用)が遅れがちになります。皮膚の温度感受性が鈍くなると、自律性体温調節の発動も遅れてきます。この行動性と自律性の体温調節の遅れが、体に熱をため、熱中症の発生へと繋がります。

 そのため、高齢者は、部屋に「温度計」を置き、部屋の温度をこまめにチェックし、部屋の暑熱環境を把握するように心がけましょう。

 高齢者になると、体温の上昇に伴う皮膚血流量と発汗量の増加は遅れるようになります。そのため、高齢者は若年者より熱を放散する能力が低く、体に熱がたまりやすくなり、深部体温がより上昇します。

 高温、多湿、風が弱い、輻射源(熱を発生するもの)があるなどの環境では、体から外気への熱放散 が減少し、汗の蒸発も不十分となり、熱中症が発生しやすくなります。

 心臓疾患、糖尿病、精神神経疾患、広範囲の皮膚疾患なども「体温調 節が下手になっている」状態であるということです。心臓疾患や高血圧などで投与される薬剤や飲酒 も自律神経に影響したり、脱水を招いたりしますから要注意です。

熱中症を疑ったときには何をするべきか

現場での応急措置

熱中症を疑った時には、死に直面した緊急事態であることをまず認識しなければなりません。重症の場合は救急隊を呼ぶことはもとより、現場ですぐに体を冷やし始めることが必要です。

熱中症を疑ったときには何をするべきか

① 涼しい環境への避難

風通しのよい日陰や、できればクーラーが効いている室内などに避難させましょう。

② 脱衣と冷却

・衣服を脱がせて、体から熱の放散を助けます。

・露出させた皮膚に水をかけて、うちわや扇風機などで扇ぐことにより体を冷やします。

・氷嚢などがあれば、それを頚部、腋窩部( 脇の下)、鼠径部( 大腿の付け根、股関節部)に当てて皮膚の直下を流れている血液を冷やすことも有効です。

・深部体温で40℃を超えると全身痙攣(全身をひきつける)、血液凝固障害(血液が固まらない)などの症状も現れます。

・体温の冷却はできるだけ早く行う必要があります。重症者を救命できるかどうかは、いかに早く体温を下げることができるかにかかっています。

・救急隊を要請したとしても、救急隊の到着前から冷却を開始することが求められます。

「意識がない」「呼びかけに対し返事がおかしい」場合には救急隊を要請してください。

熱中症環境保健マニュアル(2011年5月改訂版) 環境省 引用