文字サイズ

WEBセミナー
「サービス付き高齢者向け住宅事業化と地域包括ケアシステム参入セミナー」 受講・申込受付開始!

2012年11月22日

サービス付き高齢者向け住宅事業化と地域包括ケアシステム参入セミナー」 受講・申込受付開始!

2025年に向け厚生労働省は地域包括ケアシステムを推進し、本年4月介護報酬及び診療報酬のダブル改定を行いました。一般病床の削減、療養病床の再編、在宅医療の強化等あらゆる施策が2025年を軸に展開されています。

そのキーワードは高齢者の住まい、在宅生活支援、医療法人であり、これらに地域包括ケアシステムとサービス付き高齢者向け住宅に深く結びついており、このことをどう医療法人の経営に活かしていけるかが、超高齢化社会での生き残りの鍵となります。

2025年に向け、「医療法人が安定して成長していくための戦略とは何か。」をご提案するセミナーです。

もちろん、在宅復帰、在宅生活支援を役割とする老健施設も必見です。

■受講料

  • 全老健会員施設職員及び正準会員等5,250円
  • 一般(全老健会員以外) 12,600円

■総講義時間

  • Chapter1「何故、サ高住なのか〜超高齢化社会・人口減少社会」【10分】
  • Chapter2「何故、サ高住なのか〜社会保障と税の一体改革」【11分】
  • Chapter3「サ高住とは何か」【28分】
  • Chapter4「施設から住宅への政策移行の要因」【14分】
  • Chapter5「地域包括ケアシステムとは」【22分】
  • Chapter6「地域包括ケアシステムとサ高住」【14分】
  • Chapter7「医療機関におけるサ高住事業化の必然性(1)〜 老健原点回帰」【17分】
  • Chapter8「医療機関におけるサ高住事業化の必然性(2)〜 終末期医療」【14分】
  • Chapter9「医療機関におけるサ高住の失敗事例」【19分】
  • Chapter10「サ高住事業化に成功するためのポイント(マーケティング)」【12分】
  • Chapter11「サ高住事業化に成功するためのポイント(事業計画と収支計画)」【24分】

■対象者
介護保険事業所の管理者、事務長、その他法人の経営・事業計画立案に携わる方、及び一般の職員

http://150.60.168.116/risk/sapojyu/

■主催:株式会社全老健共済会 *営業時間 9:00〜17:45(月〜金)土・日・祝/休業

(電話:03-5419-8100 FAX:03-5419-8002)料金回収・webセミナー運営:株式会社TMC