文字サイズ

プライバシーポリシー

個人情報保護の取扱いに関しまして

1.個人情報の取得

2.個人情報の利用目的

  1. 1.薬剤共同購入事業
  2. 2.認知症支援事業
  3. 3.出版印刷業、書籍等斡旋事業、物品販売事業
  4. 4.広告代理店事業
  5. 5.全老健共済会連合型確定拠出年金制度
  6. 6.セミナー企画・運営事業

各社の個人情報の利用目的は、各社のホームページに記載してあります。

<損害保険会社>
<その他>

3.個人データの安全管理措置

(基本方針の策定)弊社の個人情報取扱規程に基づき、本書において、弊社の名称、安全管理措置に関する質問及び苦情処理の窓口、個人データの安全管理に関する宣言、基本方針の継続的改善の宣言、関係法令遵守の宣言、等についての基本方針を策定
(個人データの取扱いに係る規律の整備)弊社の個人情報取扱規程において、個人データの取得、利用、保存等を行う場合の基本的な取扱方法を整備
(組織的安全管理措置)従業者から責任者に対する報告連絡体制の整備
(人的安全管理措置)従業者との「非開示契約」の締結、就業規則等の整備、従業者への周知徹底および研修、等を実施
(物理的安全管理措置)紛失・盗難を防ぐための書類・外部媒体等の施錠保管、個人情報廃棄時の裁断・焼却・溶解・消去、データ管理者の承諾なく個人情報を持ち運ぶことの禁止、持ち運ぶ場合の件数制限、等の措置を実施
(技術的安全管理措置)個人データを取り扱う機器を外部からの不正なアクセス又は不正ソフトウェアから保護する仕組みを導入。

4.個人データの第三者への提供

  1. 1.法令に基づく場合
  2. 2.人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
  3. 3.公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
  4. 4.国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
  5. 5.当該第三者が学術研究機関等である場合であって、当該第三者が当該個人データを学術研究目的で取り扱う必要があるとき(当該個人データを取り扱う目的の一部が学術研究目的である場合を含み、個人の権利利益を不当に侵害するおそれがある場合を除く)

また、個人データを第三者に提供したとき、あるいは第三者から取得したとき、提供・取得経緯等確認を行うとともに、提供先・提供者の氏名等、法令で定める事項を記録し、保管します。

5.センシティブ情報の取扱い

6.弊社に対するご照会

【お問い合せ窓口】
株式会社全老健共済会
代表取締役社長 内藤 圭之
〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-15 黒龍芝公園ビル6階
電話:03-5425-6900(受付時間:平日9時~17時45分)
電子メールアドレス :info@roken.co.jp
ホームページアドレス:http://www.roken.co.jp/

2022年3月1日